ついにでます(10年度末)!『スーパーグリーン車(仮称)』イメージ図は↓↓↓↓↓

      JR東日本 4月8日プレスリリースより

座席は2人掛けと1人掛けの一両あたり定員18名という贅沢な空間の使い方を設計している。
現行のグリーン車と比べ、座席数3分の1、読書灯やフットライトも設ける予定だそうだ。
まさに、新幹線のファーストクラス
ぜひ、利用してみたいものだ・・・。

さて、皆さんは『グリーン車』を利用したことはあるだろうか。
庶民の私は過去に一度だけ乗ったことがある。
噂以上にサービスはすばらしい!
「どこで降りたらよいか迷ってて・・・」なんて、軽く一言言ってごらんなさい。
すぐに何パターンか調べてきてくれて、丁寧に説明して下さるじゃありませんか~。
足ものびのび座れるし、いつも笑顔で受け答えして下さる乗務員さんにもお世話になり、本当に快適な時間だった。
高々数百円でこんな上質なサービスを受けられるのなら、また利用させてもらおうと思ったものである。

ところで、今私が最も気になっている特急列車。
それは、寝台特急サンライズ出雲285系』である。
なぜ、この特急が気になっているかというと・・・。
なんと、驚くなかれ、『ノビノビ座席』なるものがあるからだ!


普通、寝台特急は「運賃+特急料金+寝台料金」がかかる。
しかし、この『ノビノビ座席』は、「寝台料金」がかからないので割安に乗ることができる
寝台はホテル並みの料金で贅沢な旅を演出できるのも魅力の一つ。
しかし、庶民向けの寝台特急があってもよいではないか!
と思っていた矢先、息子が図書館から借りてきた写真絵本『はやいぞ特急電車』から発見した(笑)。

皆さん、そろそろGWの計画何ぞたててはいかがかな?
魅力的な電車がたくさんありますぞ。