昨日母から電話があった。
病院で検査して、「異常なし」と順調な様子を伝えるのに、ウハウハ元気声である。
2週間前までは考えられなかったなぁ・・・。

11月下旬、今まで大きな病気などもしたことのない母が入院。
「不整脈」を電気ショックで治すという手術のため1泊2日の簡単なもの。
しかし、本人は直前までかなり拒んでいた・・・。
まあ、わからないでもない。
電気ショックなんて聞いたら、誰だって感電して死んでしまうのではないか?と思ってしまうのも無理はない。
母の不整脈は「心房細動」というもので、不整脈が発症して初期段階だったため、電気ショックによる除細動が一番効果的だと判断されたらしい。

私も、いろいろネットで調べたり、また、母の通院先である筑波メディカルセンターには入院患者のご家族向けの相談電話などというありがたいものが設定されているので、いろいろ聞いてみた。
まず、そんなにビビる治療法ではないということ。
過去の実績なんかも聞いてみたが、死ぬ人なんていないと言われた。
ただ、一番恐いのは、血液に血栓がある状態で電気ショックを与えてしまうこと。
すると、電気ショックを与えた弾みで、どこかの血管が詰まり、死ぬわけではないけれど、身体の一部が不自由になったり、言葉は悪いが植物状態になる可能性も全くないわけではない。
母は何よりもそれが恐かったらしい。
そのため、医者はその前段階の血栓がないかどうかの検査を、入念に行うから安心しなさいということであった。
しいて残るとすれば、胸のあたりに火傷の跡が残る程度だそうだ。
まあ、かゆくなるかもしれないのでクリームかなんか塗って下さいとのことだった。

ちなみに、電気ショックを与えて、治る人もいれば治らない人もいるようだ。
また、何年かして再発する可能性もあるということだ。
まあ、年をとれば多かれ少なかれ脈は乱れてくるようだから、いたしかたないのであるが・・・。
ただ、今の状態から悪くなることは決してない。
現状の薬を服用しているだけでは、良くなることはないので、やってみたらいいじゃないかと私は勧めた。
子どもとして励ます方法は、「お母さんがどうにかなったら、面倒見てあげるから安心しなさい」ということぐらいだ。
だって、自分たちではもうどうにもできないことだから、医者を信じてお願いしてみるのがいいのではないだろうか。

その結果、無事に成功したというわけであります。
昨日はその後の経過を見るというので、退院後初めて病院に行ったのである。
だから、あのウキウキ声。

まあ、今となっては笑い話だが、今回の件で、家族としていろいろ考えさせられた
いつまで東京にいるか実家をどうするのか、私たち夫婦で真剣に話し合ったのもまた事実である。
こうなってみると、自分たちにも、自分たちの子どもにも、そして、自分たちの親やおじいちゃんにも、誰に何があっても大変なんだということをしみじみと痛感した出来事だった。
みんな、どうか健康で長生きして下さいな!

最後に、こうして不整脈のことをブログに書かせていただいた理由をあげると・・・。
ネット上であまりに情報が少なかったからだ。
専門的なことは書いてあったり、こういった治療だということまでは書いてあっても、その時の具体的な様子、家族としての心構え等々、正確であろうものをほとんど見つけることができず、余計不安になったのも事実である。
母の友人たちや父親は、「そんなことして大丈夫なの?」と、私たちよりも余計情報が少ないだけに、不安をかき立てるような発言にどうしてもなってしまい、母もいよいよもって「拒否」という姿勢に偏ってしまうのである。
医者からしたらたいしたことない手術でも、家族にしてみたら何だって一大事なのだ。
もっと、人間らしい情報を載せてはどうかと思って、今回ブログにアップした。
「心房細動」における電気ショックは恐いものではありません。
前段階の検査は40分くらい。
その後、少し休憩を取って落ち着いてから手術でしたが、麻酔をかける時間も含めて30分そこそこで終わってしまいます。

どうか、心配せずに、受けて下さい。
今の母のように元気になる初老の方々が益々増えますように・・・。

ちなみに、私も手術の時はついていましたが、電気ショックよりも、その前の検査段階が本当に大変だった。
口から胃カメラのようなものを飲み込んで、心臓の隅々までのぞくというものだったようですが、母のあんな苦しそうな声はもう二度と聞きたくないですね。
本人も、今となっては笑っているが、「あんな醜態をみせてすみません」と昨日病院で謝ってきたらしい・・・。
みんな大爆笑だったようだ。

Excite エキサイト : 経済ニュース