初めて聞く方も多いでしょう。
『市民パトロネージュ制』
私も今日初めて知りました。

新聞で、コンサート情報を見ていたら発見したのです。
「入場料は市民パトロネージュ制で」と・・・。

は?一体いくらなんじゃ?
と思い、早速ネット検索にかけると・・・。

『お帰りの時に、お客様のお気持ちに見合った入場料をお支払いください。
金額の多寡は問いません。
集まった入場料は、出演者の今後の活動をサポートするため、全額出演者へお渡しします。』

とある。
おー!
画期的なコンサートではないか。
隅田川の吾妻橋にあるアサヒビールの野外コンサートでのことだが、他にもアサヒビールはこういった活動をしているようだ。

そういえば、良く浅草寺や上野公園で、猿回しや若者の芸に「お気持ちで結構ですんで・・・」ってやってるのを思い出しました。

ちょっと子連れだとホールのコンサートはなかなか行きづらいので、野外コンサートちょっと気軽そうなので申し込んでみようかな。

外国の方の美術館やホールなどではなんとなく聞いたことがあったこの料金体系。
もっと、この制度が導入されればいいのに・・・。

今日は勝手な独り言を書いてみました。