その名も『せんとくん』に決定
14,539件もの応募のうち、最多の337件を獲得した。
ちなみに、2位「ナントくん」292件、3位「ブッカ(仏鹿)」265件などが続いたようだ。
ちなみに、冒頭の写真は新たに12枚のキャラクター画像が公開されたそのひとつ。
あまりに度肝を抜いたので・・・。

このキャラクターについて賛否両論巻き起こし、私もブログを書かせてもらったが、やっと愛称が決まってホッとしたのもつかの間、次なるピンチに見舞われるとは・・・。

なんと同じ名前のキャラクターがすでに存在していた!
それは神戸市兵庫区の平野地区で、商店主らが毎年開いている「福原遷都まつり」の『セントくん』のことだ。

阪神大震災の復興イベントとして05年に始まりった「福原遷都まつり」。
キャラクターは、平家の武将をイメージした「セントくん」と平安衣装姿の「フクちゃん」がセットとなっていて、土産用のせんべい等もあるようだ。

福原の実行委事務局長の玉川侑香さん(60)は「奈良の名前を知ってびっくりした。商標登録が必要だった。もう少し可愛ければ、仲良くしやすいのだけど…」と困惑気味だという。
なかなか味のあるコメントではないか(笑)。

いずれにしても、せっかくの記念イベント。
2010年の開催にむけて頑張ってほしい。

最後に、『着ぐるみせんとくん』で子どもが大泣きの写真をリンクしましたのでお楽しみ下さい・・・。