昨日、都慰霊堂の前を偶然通りかかり、両国付近にこんな変わった建物があったのか・・・と、写真におさめました。
晴れていい天気で、人もたくさんいたりして。
しかも、住所が墨田区「横綱町」!
横綱町公園内に都慰霊堂はあります。

さてさて、今日は東京大空襲から63年目
導かれて行ったのか・・・と感じたりもします。

教育テレビの「がんこちゃん」をご存じの方も多いでしょう。
がんこちゃんの両親はとても働き者。
農作業を終えると「ありがとう」と今日も一日働けたことに感謝する場面があります。
ミレーの晩鐘の絵と重ね合わせてしまい、何とも言えず心動かされます。

美輪明宏もよく言っていますが、感謝の心を忘れてはいけませんね。
当たり前のように暮らしている毎日ですが、今日もありがとうと心に思うだけで、明日が明るくなる気がします。

はじめは、「ちょっと面倒だな」と思いながら、日課(義務)としてやっていました。
しかし、今では、手を合わせないと気持ち悪いというか、とにかく欠かせない習慣です。

この当たり前の平和に感謝できる人間でありたい。
63年前、想像も出来ないくらい大変だったでしょうが、今、子孫はお陰様で平和に暮らせています。
ありがとうございます。
どうか、63年後の子孫たちにもこの平和が続きますように。