「米の作りすぎは、もったいない!」としたポスターが張り出された。
それに対して、地元農民が回収を求めるの抗議文を発表したことが、記事になっていた。
「米の過剰作付けは、資源のムダづかい」といった内容も書かれている。
東北農政局制作のこのポスター、3万枚も印刷されたらしい。

これを制作して、本当にいいのか疑問に思わなかったのか。
農家の人たちは、本当に一生懸命頑張っているのだ。
汗水垂らして、年中田んぼから目が離せなくて、少しでも美味しいお米を食べてもらおうとしている。

私の実家も農家だ。
お米を作っている。
毎年、コシヒカリの一等米を出しているが、その苦労は半端ではない。
幼い頃から大型連休に遠出できる友達が羨ましかった。
農家は、田んぼから一日たりとも目が離せない。

そんな苦労を「東北農政局」ともあろうお方がわからないのか。

今、農家を守らなくてどうする!!
抗議文には「過剰なのは輸入米で、外米に血税をつぎ込むことこそムダづかい」とあるようだ。
全く持ってその通りである!

それを、例のポスターはなんと呼びかけていると思う??
「麦・大豆等へ転作し、自給率を向上しよう」
「限られた水田を有効利用することが、国民共通の利益」

なんて馬鹿げいる。
米が国で優遇されている以上、そう簡単に転換出来るわけがない。
まして、高齢化しているのに、そんなエネルギーがあろうか。
現状維持することだって大変なはずだ。

あなたたちが守らないで、誰が農家を守ってくれるのか。
農家の皆さん、大変でしょうががんばってください。

ちなみに、このポスターを撤回する意思はないようだ・・・。