浅草観光客に大人気の「人力車」。

しかし、地元民や観光以外の目的で浅草界隈を利用する者にとっては、やはり「ちょっと危険だなぁ」と思わないわけがない。
雷門前の車道や横断歩道にでんと構えている。
もちろん、運転手は若い体育会系のお兄さん。
私も声をかけられたことがあるが、皆さんなかなかの好青年。
しかし、彼らは、運転中以外は営業に夢中。
ついつい、人力車そのものを駐車せざるおえない。
事実、「危険だ」といった意見が多かったようで、今回「専用駐車帯」の設置に至ったようである。

雷門の東側に全長約40mで、10台が駐車できるという。
配車係を一人置き、本格的だ。

ところで、人力車って、10年前から登場したらしい。
案外新参者なのね。