受胎告知では無いが夫婦が優秀なDNAを子どもを授かる時代背景であり、主人公の両親は自然妊娠を選択した。この事により主人公『ヴィンセント』は生まれた瞬間にDNA検査をされ障害と寿命時期を告知される。

近未来を設定しているこの映画では完璧なDNA(身体)持っている人が普通で、一見普通の人に見えても持病などを持っているがフェイクであるレッテルを張られる。

「障害と寿命時期を告知」という運命と「憧れにすすむ」という人生。

人生によって運命(寿命)を乗り越える所にこの映画の魅力を感じる。
そして様々な人間関係の中で検査員が主人公に憧れと希望の言葉を贈るが、この言葉の意味には2つの面から見た言葉であったのが象徴的であった。