今日の毎日新聞一面に「今年の漢字」の記事。
やはり『偽』であったか・・・。

友人の塾講師をしている国語専門の友人と先日話題になったばかりだ。
二人で、予想をしていた。
私は『食』ではないかと予想。
食品偽装はもちろんだが、食育や大食いなど、食に関することが話題になった気がするからだ。
すると、「それは1996年にノミネート済み」とのこと。
残念。
そういう友人は『偽』を予想。
毎年生徒たちに予想させているという熱心さもあり、見事正解だ。
あっぱれ。

それにしてもなんとも寂しい漢字ではないか。
今年を現すのだよ。
この1年間まるで偽りばかりの生活をしてきたみたいではないか。
ありふれているが、もう少し前向きな明るい漢字がいいな~。
どうかこの記事自体が『偽』でありますように・・・。

ちなみに、『食』は第2位となかなか健闘した。

以下ご参照あれ。
1位 「偽」(ギ・いつわる・にせ)  16,550人(18.22%)
2位 「食」(ショク・くう・たべる)  2,444人 ( 2.69%)
3位 「嘘」(キョ・ふく・うそ)    1,921人 ( 2.12%)
4位 「疑」(ギ・うたがう)      1,848人( 2.03%)
5位 「謝」(シャ・あやまる)     1,844人 ( 2.03%)
6位 「変」(ヘン・かわる・かえる)  1,631人( 1.80%)
7位 「政」(セイ・まつりごと)    1,482人( 1.63%)
8位 「乱」(ラン・みだれる・みだす) 1,307人( 1.44%)
9位 「暑」(ショ・あつい)      1,226人( 1.35%)
10位 「心」(シン・こころ)     1,205人( 1.33%)
~「財団法人 日本漢字検定協会」 より~
http://www.kanken.or.jp/event/index.html